ショルダーバッグのリメイク


他のお店でオーダーして作ってもらったショルダーバッグを、
大きすぎて使い辛いので、他の物に作り直してほしいと、
ご夫婦で 工房にお見えになりました。


A4ファイルが入るくらいの大きさなので、上の方をバッサリ切って、
手さげバックにリメイクしますと言って OKをいただきました。




IMG_20170911_105326_convert_20170920161414.jpg
出来上がったバッグの後ろ側ですが、
ファスナーポケットはそのまま利用しました。





IMG_20170911_105205_convert_20170920161321.jpg
正面に蓋つきのポケットを、横には スマホ入れを製作しました。




IMG_20170911_105147_convert_20170920161228.jpg
そして完成したのが この手提げバッグです。

取っ手も、ショルダーのベルトを細く縫い合わせて、
握りやすいようにし、
短くて足らない部分には、金具を取り付けて延長しました。

お客様に喜んでいただき、長く使っていただけると嬉しいです。

9月の参加イベント


9月2日(土曜日)、3日(日曜日)に 有田の炎博記念堂で行われる、マルシェに参加しています。




IMG_20170831_181823_convert_20170831182731.jpg
9月17日(日曜日)に行われる、川棚のイベントに参加しています。




IMG_20170831_181854_convert_20170831182810.jpg
9月30日(土曜日)と10月1日に嬉野で行われる、うれしのハンドメイドフェアーに

参加しています。


参加イベントでは、革作品の販売や、チャームに刻印を入れて販売しているので、

遊びに来てください。

10月からの参加者募集

レザークラフト教室を、佐賀市と白石町にて行っていて、

10月より新しく唐津教室を開催しますので、伊万里、唐津、福岡方面の方で、

革細工に興味がある方は、是非参加してみてください。

やさしく、楽しく指導していきますので、お気軽にお越しください。



佐賀教室風景です。

佐賀市白山2丁目7-1 エスプラッツ3階にて、第2,4日曜日に行っています。

体験教室も行っていますので、佐賀新聞文化センター 0952-25-2160 までお問い合わせください。




IMG_20170708_130142_convert_20170804104040.jpg
白石教室風景です。

杵島郡白石町大字福田1631-18 煌き館しろいし にて、第2,4土曜日に行っています。

こちらも体験教室を行っていますので、同じく佐賀新聞文化センターまでお問い合わせお願いします。



唐津教室は、唐津市新興町48 リバチィーカルチャーセンター TEL0955-58-9200

にて、第2,4水曜日のAM10時から行いま



IMG_20170701_134942_convert_20170804103943.jpg
小学校分会行事でのレザークラフト教室の風景です。

伊万里市の波多津工房でも随時行っていますので、お問い合わせください。


こげ茶のセカンドバッグ

IMG_20170625_083943_convert_20170701083036.jpg
近頃、バッグの注文を多くいただきますが、

注文の仕方がまちまちで、細かいところまで注文される方、

革の色と大きさだけで、あとはお任せ的なお客様。

作る側としては、細かいところまで打ち合わせていただいた方が

制作しやすいですね。

お任せしますと言われると悩みます(笑)


男性からのオーダーで制作した、こげ茶の革のセカンドバッグです。

このバッグは、お任せ的な注文だったので、お渡しするまでドキドキでしたが、

気に入っていただいて良かったです。


硬めのタンニンなめしの革を使用しているので、しっかりとした風貌に仕上がりました。

取り外しができる、肩掛け紐も付いています。



IMG_20170625_084343_convert_20170701083136.jpg
取っ手部分には握り心地を考え、硬めのスポンジを入れています。



IMG_20170625_084440_convert_20170701083223.jpg
バッグの中は、5cmと2cmのスペースに仕切り、

スマホを収納できるポケットを付けました。

ヌメにピンクの長財布

IMG_20170508_172414_convert_20170508181955.jpg
女性からの注文で、ヌメ革にファスナーとステッチの色はピンクです。

サイズ的には、いつも作っている長財布よりも小さめでと言われたので、
カード入れをぎちぎちに狭くすることで多少は小さくなりました。






IMG_20170508_172347_convert_20170508181917.jpg
ピンクの革を使用することで、女性らしい財布になりました。


IMG_20170504_083124_convert_20170508181758.jpg
中はキャメルとヌメで、コイン入れにピンクの革を使っています。

この財布は妻にも作って使用していますが、財布が薄くて使いやすいと
喜んでいます。
プロフィール

鷹工房 高森

Author:鷹工房 高森
本革製品を手作りしている鷹工房の高森と申します。
佐賀県伊万里市に工房があり、見学や体験が出来ます。 
興味のあるかたは、Eメールか090-5743-8413までご連絡ください。
Eメール
route58aoiumi@yahoo.co.jp
気まぐれ工房ですので、事前にご連絡をお願いします。
◆◇通販のサイトはこちら◇◆

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR