バッグの修理


バッグを持ち込まれ修理依頼を受けたが、奇妙な変形をしており最初は熱による

表皮のちじみだと思っていたが、原因は赤い内布が水分を吸って濡れた状態になり、

皮の部分がちじみファスナーが使えない状態になっていたようだ。



010_convert_20151004210509.jpg
フタの部分もちじみ使える状態ではなかったので、使える部分で財布を作って欲しいと言われたが、

直るものなら直して欲しいと言われたので、直す方向で受けた。



004_convert_20151004210619.jpg
原因である赤い布を出来るだけ除去し、革に代える作業をした。


003_convert_20151004204603.jpg
しわくちゃで使えなかったフタの裏側を革に代え、フチを縫い上げることで、どうにか

しわを伸ばし使える状態にした。



002_convert_20151004204455.jpg
ファスナーも新しいものに取替え、開け閉めも可能になった。


001_convert_20151004230012.jpg

ようやく完成することが出来、ホッとしている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鷹工房 高森

Author:鷹工房 高森
本革製品を手作りしている鷹工房の高森と申します。
佐賀県伊万里市に工房があり、見学や体験が出来ます。 
興味のあるかたは、Eメールか090-5743-8413までご連絡ください。
Eメール
route58aoiumi@yahoo.co.jp
気まぐれ工房ですので、事前にご連絡をお願いします。
◆◇通販のサイトはこちら◇◆

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR