小学生からの依頼

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・301_convert_20130527125621
ご両親と一緒に来ていた小学校3年生の男の子が、

この形の財布がみょうに気に入ったらしく、革の色と糸の色を選びだした。

お年玉がまだ残っているのでそれを使うつもりだと言う、

黒にこげ茶のラインに赤の糸を選ぶ渋い小学3年生。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・302_convert_20130527125642
出来上がりを渡すと、喜んで大事そうに持っていたが、

お父さんが欲しがるかもねと言うと、見つからないようにお母さんのバックの中に押し込んだ。

お父さんに取られないように、大事に使ってね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

渋いなー( ̄ー ̄)笑
大人になるまで使うつもりで選んだんかもね!!

No title

そうだね、大人になってから小学生の時に作ってもらった財布です、

と言って見せに来てもらいたいよね。

たとえば、僕がこの世からいなくなっても、僕が作った作品達は、

ずーと歴史を刻んでいくんだよね。

プロフィール

鷹工房 高森

Author:鷹工房 高森
本革製品を手作りしている鷹工房の高森と申します。
佐賀県伊万里市に工房があり、見学や体験が出来ます。 
興味のあるかたは、Eメールか090-5743-8413までご連絡ください。
Eメール
route58aoiumi@yahoo.co.jp
気まぐれ工房ですので、事前にご連絡をお願いします。
◆◇通販のサイトはこちら◇◆

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR