鷹工房パンフレットの完成


鷹工房のパンフレットが完成しました。

正式名称は「伊万里レザー鷹工房」と言います。 目標として伊万里牛を使った革製品を製作したいと言う

思いでこの名前を事業名としました。

私のアップの写真をもっと大きくする予定でしたが、理由は分かりませんが小さくなりました。


018_convert_20150916192104.jpg
裏には工房までのざっくりとした地図と、ホームページなどのアドレスが載っています。


015_convert_20150916191948.jpg
いろんな事業を展開していきますので、ご期待ください。


スポンサーサイト

ふっくらがま口のポーチ

最近、リメイクの注文が増えています。

物を大切にして、捨てずに直して再利用しようとすることは良いことだと思います。

001_convert_20150906091920.jpg
今回も、使わなくなったバックのリメイクと、長財布の修理が来ました。





004_convert_20150906092201.jpg
またまたがま口の注文で、横にふっくらしたマチの付いたポーチで、口金は持参されました。

口金が大きくて、バッグのカット生地ではギリギリセーフで、どうにか作り上げることが出来ました。



006_convert_20150906092331.jpg
前面に、ポケットを付けることで可愛さが倍増!

えんじ色の革で縁取りを行ったポケットは、マチが付いていてカードが数枚入るようになっています。



008_convert_20150906092446.jpg
中袋もえんじの革を使って、口金の丸い玉の色との統一を図っています。



007_convert_20150906092408.jpg
あまりの生地で、100円ライターのケースを頼まれ作りました。

高級ライターに見えなくもありません(笑)



003_convert_20150906092124.jpg
こちらの長財布のファスナーが壊れていたので、はずして他のファスナーに付け替えましたが、

革ではないのでフチの部分の処理が難しくコーティングをぬりましたが、あまりいい出来ではないですね。

フチに革を巻くことも考えましたが、中身との兼ね合いや、修理代が高くなることを考え、了解していただきました。


リメイクや修理に関しては、分解してみないと分からなかったり、生地を生かした方法を考え一つ一つ製作して

いくので、少々高くなることをご了承ください。



親子がま口とは!

008_convert_20150906100148.jpg
使わなくなったバッグのリメイクの依頼がありました。

限られた材料で作成するリメイク作品は難しく失敗が許されないので、あまり喜ばしいオーダーでは

ないのですが(ここだけの話にしてください)、それも施工が難しいがま口の註文とは(涙)

口金に差し込み留めるのが難しく、私も苦手な作品の一つでした。

今回の註文は、な、なんと中にも口金のある難易度の高い親子がま口ではありませんか。

小心者の私としては断ることが出来ずに引き受けましたが不安で仕方がありません。





003_convert_20150906095926.jpg
試作品を何度も作成し完成しました。

どうでしょうか、我ながらうまくいったと思います。



004_convert_20150906095957.jpg
中もご覧下さい、ばっちりでしょう。



002_convert_20150906095852.jpg
今度は、小さいがま口ですが、苦手意識がなくなりかわいく製作することが出来たと思います。

註文主さまのお陰で、レパートリーの中にがま口の革小物を入れようと思います。

いろんながま口を作っていきますので、楽しみにしていてください。




006_convert_20150906100034.jpg
ご主人様用の札入れらしく、ヌメ革で縁取りをしたので、感じが良くなりました。



007_convert_20150906100104.jpg
もちろん中身は丈夫なオールヌメ革です。

使わなくなったバッグをリメイクして3点の小物を作成することが出来、ホッとしています。

これからも、無理難題のご註文をお待ちしています。



眠っていたバッグ


バックの修理依頼を請けた、なんとも高そうなバッグだが、取っ手がボロボロになり、

眠ったままになっていた。  

バッグ本体は綺麗にしていたので捨てるのは勿体ないと言うことで持ち込まれた。




005_convert_20150906092251.jpg
取っ手は合皮で出来ていたので、使っているうちにこのようになってしまったらしい。

修理は無理なので、取っ手を全て取り外して新しく作ることにした。






002+(2)_convert_20150906091837.jpg
完成したものがこれです。

本革の取っ手は丈夫で、しっかり縫ってあるのでこれからも長く使ってもらえる事だろう。

眠っているバッグなどあったら持ってきてみてください、修理して使えたり、

別のものにリメイクすることが出来るかも。
プロフィール

鷹工房 高森

Author:鷹工房 高森
本革製品を手作りしている鷹工房の高森と申します。
佐賀県伊万里市に工房があり、見学や体験が出来ます。 
興味のあるかたは、Eメールか090-5743-8413までご連絡ください。
Eメール
route58aoiumi@yahoo.co.jp
気まぐれ工房ですので、事前にご連絡をお願いします。
◆◇通販のサイトはこちら◇◆

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR