スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわりのスマホケース

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・169_convert_20130328070405
ひまわりのスマホケースが出来上がりました。

大きなひまわりがかなり目立ちます。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・170_convert_20130328070442
裏側はシンプルに。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・171_convert_20130328070507
金具類は真鍮製で、革の色に合っていい感じです。
スポンサーサイト

ひまわりのスマホケースがまもなく完成

P3260049_convert_20130327091508.jpg
金具も取付けたので、あとは裏側を縫い合わせたら完成です。

長女の卒業式へ

P3250026_convert_20130327091858.jpg
3月25日に長女木の実の卒業式が大阪城ホールにて行なわれた。

我々夫婦も久々のスーツを着て出席しました。

この日は、三女の会社の入寮日でしたが、そちらは次女が付き添いで行ってくれたので安心です。

P3250021_convert_20130327091630.jpg     P3250043_convert_20130327092018.jpg
卒業生は男性の方が多いのだが、着物に袴姿の女性が目立ち華やかでした。

大学院生まで合わせて、総勢約6,000人の卒業生で大阪ホールは埋め尽くされた。

P3240008_convert_20130327091533.jpg     P3240014_convert_20130327091601.jpg
前の日には、娘が4年間通った大学を見に行った。

娘の案内がないと迷子になるくらい巨大なキャンパスで、見て回るのが大変でした。


バラの財布が完成

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・160_convert_20130323084253
バラの模様が入った二つ折り財布がま口付

長い名前の財布がやっと完成しました。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・162_convert_20130323084342
バラの花をデザインし、花びらの間を縫えるように5mm間隔で隙間をあけてもバラに見えるという所が

一番苦労しましたね。

バラを切り取って、中に銀色の革をあて、剥れないように花びらの間を縫うと言う細かい作業です。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・163_convert_20130323084404
後ろにはご注文のがま口が付きます。

がま口をどんなデザインで、どう付けようか試行錯誤の上こうなりました。

機能的には、ガマ口の高さを短くした方が、小銭の出し入れが簡単なのですが、

デザイン的にはこちらの方が良かったので採用しました。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・166_convert_20130323084525
全体的に見ても、こんな財布はどこにも売ってないよな。

この世に一つだけの財布を手作りいたしまーす。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・165_convert_20130323084455
中も可愛く出来ました。

こんなオヤジが作ったとは思われないだろうな。

ひまわりのスマホケース

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・161_convert_20130323084318
ひまわりを入れてスマホケースを作って欲しいとの要望にお答えし、製作している大きなひまわりです。

何度か作り直していき、やっぱりひまわりは、大きい方がいいと思ったのでこうなりました。

縫う作業が多かったので大変でしたが、完成までまだまだこれからです。

完成を楽しみにしてください。

レザークラフト体験教室

P3210061_convert_20130321073452.jpg
伊満里まちなか一番館の1階にて、「レザークラフト体験教室」を行ないます。

日時は、4月28日(日曜日) 

一部 10:00~12:00  人数 5名~8名
二部 14:00~16:00  人数 5名~8名

P3210066_convert_20130321073516.jpg
料金は、お一人様 1800円です。

準備が必要ですので、4月21日までに予約をお願いします。

革生地や、必要な道具類は全てこちらで用意しますので、きらくなかっこうでお越しください。

P8190053_convert_20130222072518.jpg
まずは、三角のコインケースの製作です。

革生地を、カッターナイフとハサミを使って裁断する作業を行ないます。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・019_convert_20121221110329
それから、イニシャルキーホルダー製作では、革を手で縫っていく作業をします。

生徒さんに指定されたイニシャルを、前もって縫うだけにして作ってきますので,

予約のときに、イニシャルの形と色の指定をお願いします。

イニシャルキーホルダーの革の色は、ターコイズブルー、レッド、ブラックの3種類です。

私の兄と日本舞踊

P3200028_convert_20130321073044.jpg
3月20日に大阪の国立文楽劇場にて、日本舞踊山門流(ヤマトリュウ)創流九十五周年記念講演が、

華々しく行なわれました。

山門流三代目家元を務める山門大扇は、私の実の兄である。

幼少の頃からこれまで、いろんな苦悩を乗り越えてここまでこれたのも、兄を支えてくださった皆様の

おかげです。

私と弟も、そんな兄を応援すべく大阪に行ってきました。

P3200030_convert_20130321073108.jpg
国立文楽劇場の入り口には、山門会の大きな看板が立っていました。

P3200049_convert_20130321073710.jpg   P3200050_convert_20130321073741.jpg
会のパンフレットが置いてあり、中を見ると冒頭にあの有名な嘉田由紀子滋賀県知事の祝辞が。

P3200042_convert_20130321073143.jpg
大阪にいる私の3人の娘も駆けつけ、受付譲に。

左から、長女木の実、次女由香、三女星良です。

P3200051_convert_20130321073810.jpg   P3200055_convert_20130321073848.jpg
楽屋では、次の出番を待つお弟子さん達との撮影会が。

ワンコインキーホルダー

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・151_convert_20130319070916
シンプルなキーホルダーが出来ました。

4月から、伊満里まちなか一番館にデビューします。

色は、5種類を用意する予定です。

金額も抑えて、500円での販売とします。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・155_convert_20130319072023
裏側もシンプル

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・152_convert_20130319070943
ホックを着けたので、バックなどに吊り下げることも出来ます。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・153_convert_20130319071005
「IMARI]のロゴ入りなので、伊万里のお土産としていかがでしょうか。


スガちゃんの名刺入れ

001_convert_20130317080745.jpg
スガちゃんからのオーダーで、こげ茶とピンクのライン入りの名刺入れを制作しました。

赤の糸が合いますね。

004_convert_20130317080641.jpg
中はこんなです。

003_convert_20130317080843.jpg
リクエストに応えて、「SUGAKO」の文字を入れました。

コンチョ付キーホルダー

P3160017_convert_20130317071251.jpg
マサフミ君からのオーダーのコンチョ付キーホルダー

ヌメ革で、いい感じに仕上がりました。

P3160013_convert_20130317071352.jpg
コンチョも、外国のコインを叩いて曲げて、溶接して磨いて作った代物です。

P3160014_convert_20130317071506.jpg
裏側には、キーを掛ける金具と、ベルトなどに下げることが出来るように、

ジャンバーホックを取り付けました。

P3160015_convert_20130317071634.jpg
3mmの革を張り合わせ、6mmの厚さになっています。

重厚感があって迫力物です。

数字のキーホルダー


ゴロクさんから数字の56のキーホルダーを頼まれて、これで4個目。

ゴロクさん、いつもありがとうございます。

お友達の名前が、ミハチかミヤさんで38。

赤とブルーの38を制作しました。

バラの二つ折財布

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・143_convert_20130314092456
ピンクの革に銀色のバラをあしらった二つ折り財布の注文が入りました。

銀色のバラ? 戸惑いながらも試行錯誤の上できたのがこれです。

バラの花の形に切り取っていき、花びらの周りを全て縫っていくという手の込んだ作品となりました。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・142_convert_20130314092433
中のカード入れは、ピンクと白のツートンカラーにし、可愛さをアピール。

まだまだこれから、一番難しいがま口の製作に入ります。

どんな財布になるのか、お楽しみにね。

オーダーメイドの注文のしかた

オーダーメイドについてP1270005_convert_20130127115037.jpg
一からお客様のご要望を聞いて、他にない革製品を作り上げます。

革の質感や厚さ、実際の色などを手にとって見ていただき選んでいただくので、伊万里近辺に御住まいの方、

もしくは、伊万里、唐津まで来ていただける方に限らせていただきます。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・139_convert_20130311122804
革の見本です。

30種類ほどあるので、この中から御好きな革を選んでいただきます。

革によっては割高になる物もあります。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・137_convert_20130311122651
糸の色をこの中から選んでいただきます。

これはカードケースです

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・122_convert_20130308073523
コインケースと同じデザインで、カードが15枚以上入るカードケースの注文が入ったので、

作ってみました。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・119_convert_20130308073419
カードが余裕で20枚入りました。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・120_convert_20130308073442
さすがに、厚いですね。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・121_convert_20130308073504
マチの折込に工夫することで、たくさんのカードを入れることが出来ました。

免許証入の完成

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・113_convert_20130305071223
免許証入れのオーダーで製作しました。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・118_convert_20130305071313
中には免許証入れとカード入れとファスナーが付いています。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・117_convert_20130305071248
ファスナーの後ろに、カードが入ります。

シンプルな長財布


シンプルな財布が好きという事で、革の色や形を打ち合わせし出来たのがこの財布です。

021_convert_20130303093854.jpg

二枚の革の背中を縫い合わせ、折り曲げて二つの袋を作りました。

012_convert_20130303085806.jpg
一つの袋は、ファスナーを付けて小銭入れとし、もう一つが札入れです。

縫い合わせた隙間には、カードが入るようになっています。

011_convert_20130303085722.jpg
マグネットのホックで止めるようになっています。

人気です

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・105_convert_20130301081123
二つボタンのコインケースが人気で、今までにない色の組み合わせで楽しんでいます。

これはオーダーで、ターコイズに黄色のラインで、糸の色もそれぞれ変えてと言う注文でした。

黄色の革は、今まで使ったことが無かったので福岡の販売店に見つけに行き、手頃な革があったので

買ってきました。

糸も使ったことがない色だったので取り寄せました。

お客さまの要望にお答えするように心がけてはいますが、ダメなときはすみません。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・106_convert_20130301081156
中はこんなです。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・107_convert_20130301081219
後ろはこんなです。

簡単な説明ですみません。

ヌメ革のスマホケースが完成

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・109_convert_20130301081243
リクエストにより、ヌメ革のスマホケースを製作しました。

3mmの革を使っているので、しっかりとした重厚感のあるケースです。

吊り下げ部分も、8本丸編みにて太くてケースに合う物としました。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・111_convert_20130301081335
裏側です

使うほどに、いい感じの艶が出てきます。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・110_convert_20130301081311
マチ部分です。

プロフィール

鷹工房 高森

Author:鷹工房 高森
本革製品を手作りしている鷹工房の高森と申します。
伊万里市波多津町辻524番地に工房があり見学や体験が出来るようにしています。 
興味のあるかたは、Eメールか090-2585-1014までご連絡ください。
Eメール route58aoiumi@yahoo.co.jp
気まぐれ工房ですので、事前にご連絡をお願いします。

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。