スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木レザーがやって来た

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・058_convert_20130131071240
栃木レザーとは、最高技術を誇る日本国内の皮革製造技術者たちが、100%植物タンニンなめしで仕上げられた最高級のヌメ革に、オイルをたっぷり染込みませた「オイルレザー」のことです。

なめされた革は、収縮が少なく美しく堅牢で使うほどになじみ、深い色合いに変化していくのが特徴です。

この光沢、すごいでしょう。

この革で、バックを制作して欲しいというオーダーが入りました。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・055_convert_20130131071215
ウエストバックと比べてもわかるように、この大きさと美しさは最高です。

なかなか手が届かなかった栃木レザーですが、やっと我が家に来たー!
スポンサーサイト

VESPERにて

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・066_convert_20130131071342
エリさんからのご注文の、スマホケースが出来上がり、昨日、納品してきました。

気に入っていただき、嬉しいです。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・065_convert_20130131071313
モデルは、エリさんです。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・067_convert_20130131071406
弟さんにも、名刺入れと、二つ折り財布をご注文いただき、喜んでいただきました。

追加でヌメ革のスマホケースと、小銭入れの注文をいただきました。ありがとうございます。


赤ラインの名刺入れ

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・054_convert_20130130071019
オーダーをいただいた、白革に赤ラインの名刺入れが完成しました。

ホックは真鍮製です。

鮃ケ蟾・謌ソ陬ス蜩・053_convert_20130130070936
開いたところです。

名刺をかなりの数、入れることが出来ます。

オーダー品完成です

P1270009_convert_20130127115200.jpg
こげ茶の革でスマホケースの注文が入り、ようやく完成しました。

ピンクの桜の花がかわいいです。

P1270010_convert_20130127115220.jpg
肩掛け用なので、両方に真鍮製の金具を取り付けました。

肩ヒモも同じ革で作りたかったのですが、ヒモの長さになる革がなかったので、

ケースのみの納品になります。

気に入ってもらえると嬉しいです。


ウエストバックの完成です

P1270005_convert_20130127115037.jpg
ヌメ革でかっちりしたウエストバッグを作りました。

紺のラインに、桜の花をあしらって、おしゃれです。

金具はすべて真鍮製なのでサビにくいです。

P1270006_convert_20130127115058.jpg
裏側には、足にベルトを巻いて、固定できるようにしました。

P1270007_convert_20130127115118.jpg
収納力バッチリです。

大きさは、縦が21cm、横が14cm、幅が5.5cmです。

P1270008_convert_20130127115139.jpg
肩からも下げることが出来るように、金具も取り付けました。

P1270001_convert_20130127114915.jpg    P1270002_convert_20130127114944.jpg
足ベルトがセクシーです。


便利でカッコイイ

P1270004_convert_20130127115012.jpg
ウエストバックは、バイクに乗る時にも邪魔にならずに便利です。

おしゃれで目立つこと間違いなしですよ。

P1270001_convert_20130128073023.jpg
収納力があり、物の取り出しも簡単です

P1270002_convert_20130128073051.jpg
オーダー受け付けます。

ヌメ革のベルト

P1200001_convert_20130121073302.jpg
自分用に、ヌメ革でベルトを作ってみました。

3mmの厚さで、幅もベルト通しにぎりぎり入る4.5cmあり、かなり太くて丈夫です。

P1200003_convert_20130121073324.jpg
早く、完成したウエストバッグを吊るしてみたいですね。

完成したら、写真をアップします。

最悪のコンディション

P1140029_convert_20130115143442.jpg
1月14日、OYJC(おやじクラブ)の初乗りを行ないました。

この日は、昼からは雨が降らないから大丈夫だろうと出かけたが、降ったり止んだりの天気で

最悪のコンディションだった。

昼からは、晴れ間も見え、おいしい久留米ラーメンをたべました。

ちなみに。腰に下がっているのが、完成前のウエストバッグです。

真鍮の金具を取り付けたら完成です。

P1140031_convert_20130116113815.jpg
誰かが言った。峠を攻めよう。

頂上では雪だった。

P1140041_convert_20130115143522.jpg
バイクも寒そう。

もうすぐ完成

P1140021_convert_20130116100809.jpg
あとは、注文している真鍮製の金具を取付て、

つり下げが出来るように縫えば完成です。

縫う前に


手縫い糸で縫う前の作業で、菱目打ちと木槌を使って、

縫うウ場所に、穴を開けています。

スマホケース桜模様

P1130019_convert_20130115143421.jpg
エリさんから、ショルダータイプのスマホケースの注文を受けました。

こげ茶のベースに、ピンクを使って欲しいとの要望だったので、

桜の花びらをあしらってみました。

こげ茶にピンク?と思っていましたが、出来てみるといい感じで、結構気に入ってます。

ウエストバッグ製作5

P1130012_convert_20130115143232.jpg
ウエストバッグのフタの部分の紺のラインに、桜の花びらをあしらって見ました。

彫刻刀で細工しました。

P1130013_convert_20130115143254.jpg
なかなかのいい感じに出来ました。

ウエストバッグ製作4

P1070008_convert_20130108091405.jpg
マチ部分には、重ね縫いの厚さを薄くする為に、1.2mmの革を使用してるので、

補強の為に、3mmの革を張り合わせてから縫います。

P1070009_convert_20130108091427.jpg
これで、マチ部分が頑丈になりました。

革製作の重い道具も入れることができます。

ウエストバック製作3

P1060016_convert_20130107102319.jpg
マチ部分を着けると、バックらしくなってきました。

重なってる部分を、これから縫っていきますが、革の厚さが7.2mmあるので

穴を開けるのも大変です。

ウエストバック製作 2

P1060013_convert_20130107102250.jpg
ポケット部分に、大好きなラインを入れて縫っているところです。

ほんとにラインが好きだなー。

50年前のカバン

P1070003_convert_20130108091256.jpg
友人宅の倉庫で、ほこりをかぶっていた物をいただいてきました。

友人の話だと、祖父の持ち物で、50年以上は経っていると言う話でした。

帰ってから、ほこりを落としてオイルを塗ると、何ともいえないいい感じの色がでできました。

P1070005_convert_20130108091319.jpg
少々傷んでいますが、まだまだ使えそうなので修理して使おうと思います。

さすがに革製品は丈夫だなー

P1070006_convert_20130108091340.jpg
ヌメ革は、年数が経つほどにいい色と艶が出てくるので、使うのが楽しみですね。

現在、このバックと似た作品の製作中です。

ウエストバック製作 1

バックを持つのが邪魔くさいと言う事から、日頃からバックを持ち歩かず、あらゆるポケットに、

財布、携帯電話、メモ帳、ハンカチ、その他もろもろを持ち歩いていましたが、

お正月に同窓会の幹事をしたときに、セカンドバックに資料関係を入れて行こうと思いましたが、

お酒も飲むので、絶対どこかに忘れてくるに違いないと思い、資料も丸めてポケットに入れて行きました。

おしゃれしてバッチリ決めているのに、ポケットがふくらんで台無しです。

そこで思いついたのがウエストバックです。

ラフなスタイルには合うと思いますし、肩からも下げるようにすれば、どんなスタイルにも合うかな。

P1060011_convert_20130107102220.jpg
木片の型にヌメ革を湿らせ押し付けて乾かすと、写真の状態になり、その形をとどめます。

スマホなどを入れるのに便利な、ポケット部分を作っています。

初納入

P1050008_convert_20130107102153.jpg
1月5日に、伊萬里まちなか一番館に初納入に行ってきました。

かわいい看板のお出迎えをうけ、キーケースを2個納入しました。

今年も頑張るぞー。

明けましておめでとうございます


元旦より、福島町にある白山神社に、家族全員でお参りに行ってきました。

毎年の恒例ですが、家族全員が揃ってのお参りは、今年が最後になるでしょう。

三姉妹が,春から大阪での生活になるので、夫婦と高校1年の長男の3人での生活になります。

お正月休みは、作品製作に没頭しようと思っています。

今年もよろしくお願いします。

プロフィール

鷹工房 高森

Author:鷹工房 高森
本革製品を手作りしている鷹工房の高森と申します。
伊万里市波多津町辻524番地に工房があり見学や体験が出来るようにしています。 
興味のあるかたは、Eメールか090-2585-1014までご連絡ください。
Eメール route58aoiumi@yahoo.co.jp
気まぐれ工房ですので、事前にご連絡をお願いします。

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。