本好きのバッグ


フルオーダーで、バッグの製作を行いました。

革選びから、バッグの形やサイズ、そして細かい所まで
打ち合わせを行い製作に入りました。

今回、打ち合わせの中で悩んだ所が、蓋の部分と
本がすぐに取り出せるようにして欲しいと言われた所です。





IMG_20170924_081304_convert_20170925075933.jpg
蓋よりも取っ手を下に付けることで、
蓋の開け閉めが可能になりました。

中には、ファスナー付のポケットと、スマホなどを入れておける
ポケットが付いています。





IMG_20170924_081403_convert_20170925080013.jpg
裏側には、本を収納できるポケットを付け、
本の重みで開かないように、
ポケットから取っ手を取り付けました。

思い描いていた、理想のバッグが出来たと
大変喜んでいただきました。







スポンサーサイト

こげ茶のセカンドバッグ

IMG_20170625_083943_convert_20170701083036.jpg
近頃、バッグの注文を多くいただきますが、

注文の仕方がまちまちで、細かいところまで注文される方、

革の色と大きさだけで、あとはお任せ的なお客様。

作る側としては、細かいところまで打ち合わせていただいた方が

制作しやすいですね。

お任せしますと言われると悩みます(笑)


男性からのオーダーで制作した、こげ茶の革のセカンドバッグです。

このバッグは、お任せ的な注文だったので、お渡しするまでドキドキでしたが、

気に入っていただいて良かったです。


硬めのタンニンなめしの革を使用しているので、しっかりとした風貌に仕上がりました。

取り外しができる、肩掛け紐も付いています。



IMG_20170625_084343_convert_20170701083136.jpg
取っ手部分には握り心地を考え、硬めのスポンジを入れています。



IMG_20170625_084440_convert_20170701083223.jpg
バッグの中は、5cmと2cmのスペースに仕切り、

スマホを収納できるポケットを付けました。

ナチュラルヌメのバッグ


男性からのオーダーで、オールナチュラルヌメ革でのバッグを制作しました。

使ううちに、経年変化によりアメ色に変わっていくのが楽しみな革のバッグです。




IMG_20170401_105328_convert_20170411211622.jpg
前面にポケットが付いて、スマホなどを収納できます。





IMG_20170401_104741_convert_20170411211541.jpg
両開きのファスナーを開けると、仕切りが無いのでかなりの収納ができます。




IMG_20170401_104520_convert_20170411211459.jpg
裏側はシンプルにし、名前を刻印で入れました。





IMG_20170401_104504_convert_20170411211402.jpg
模様を入れ、ターコイズの糸で縫ってかわいい仕上がりになっています。



シンプルなビジネスバッグ

20170102_101122_convert_20170401201202.jpg
A4サイズのファイルがすっぽり入るバッグのオーダーです。

キャメルのヌメ革で制作し、前面にはスマホなどが入るポケットが

あるだけのシンプルなデザインです。




20170102_101324_convert_20170401201248.jpg
裏側もいたってシンプルなデザインにしました。




20170102_101246_convert_20170401201323.jpg
中にはポケットが2個付き、一つはファスナーが付いています。

頑丈な作りになっていますので、長く使っていただけると嬉しく思います。

教室の教材用に作ったバッグ


革細工教室を始めてから、いろんな作品を生徒さん達と作ってきましたが、、

生徒さん達のレベルも上がって、作りたい欲求が高くなってきたので、

製作する作品もだんだん難しい物になっています。

実際、ここまでの物を教えることはないだろうと思っていましたが、来てしまった(笑)


バッグの大きさは、横が30cm、高さが20cmでマチの幅が10cmです。。




003_convert_20160528065808.jpg
これを製作する生徒さんは、3ヶ月の初級コースを卒業し、

上級コースに参加した人達ですので、バッグを見ながら、創造しながら作っていかれるでしょう。


002_convert_20160528065726.jpg
バッグの中には、ポケットが2個付いており、

一つにはファスナーを取り付けています。

教える方もいろんな気付きや発見などで、こちらも勉強しながら

お互いに楽しく学んでいるので、気軽に参加してくださいね。
プロフィール

鷹工房 高森

Author:鷹工房 高森
本革製品を手作りしている鷹工房の高森と申します。
佐賀県伊万里市に工房があり、見学や体験が出来ます。 
興味のあるかたは、Eメールか090-5743-8413までご連絡ください。
Eメール
route58aoiumi@yahoo.co.jp
気まぐれ工房ですので、事前にご連絡をお願いします。
◆◇通販のサイトはこちら◇◆

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR